会社情報

ご挨拶

辻 貴史

ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社(DREAM)は三菱商事株式会社の100%出資により、国内外の機関投資家向けに不動産私募ファンドの組成・運用事業を行うことを目的として2004年10月に設立されました。

以来、お蔭様で、国内外の年金、保険会社、銀行等の機関投資家の皆様から資金をお預かりして、従来の不動産私募ファンドに加え、メザニン投資や私募REITへとサービスを拡大し、最大で5,000億円を超える資産を運用する規模にまで成長して参りました。

日本の収益不動産市場は200兆円を超える規模に達しており、今後とも、収益不動産は機関投資家の投資ポートフォリオの重要な一角を占め続けていくと見込まれます。そのような中で、不動産市場に精通しつつ、国内外の投資家の皆様のニーズに十分に応えられる、真の意味でのプロフェッショナルな不動産投資運用会社が、今後益々求められていくものと考えます。

三菱商事グループは、商業施設、物流施設、オフィス、住宅等の不動産の開発、運営の分野で長年の実績を有すると共に、各種投資ファンドの運用等を通じて、機関投資家の皆様の資金を受託し運用する資産運用事業においても豊富な経験を有しており、グループ全体では、J-REITも含め合計1.4兆円を超える不動産関連資産の運用を行っております。

私どもDREAMは、不動産の投資・開発・運用の各分野で豊富な経験を備えたプロフェッショナル集団として、三菱商事グループのあらゆる産業を網羅する情報力や高い信用力をフルに活用し、投資家の皆様の信頼に応えられる質の高い不動産投資運用サービスを提供して参ります。

ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社
代表取締役社長 辻 貴史