ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社

ESG課題への取り組みと体制

当社のESG基本課題と取組方針

グローバルな不動産投資運用会社を目指す当社は、三菱商事(MC)グループの企業理念である「三網領」を企業活動の土台とし、「地球環境への配慮(E)」・「社会貢献(S)」・「企業統治(G)」への配慮が「継続的企業価値」の創出に不可欠な課題であると認識し、全社で取り組むESG 基本課題と取組方針を以下の通り設定します。

  1. 地球環境への配慮(Environment)

    「環境憲章」を遵守し、運営するファンドにおいて、以下の通り取り組みます。

    1. 気候変動への対応

      エネルギーの効率的な利用及び消費量の把握の推進、並びに、低炭素社会の実現に向けた CO2排出の削減。

    2. 省資源・廃棄物削減への対応

      節水型機器の導入等による水消費の削減及び廃棄物の削減。

    3. 環境認証の取得

      高い評価を目指した各種環境認証の取得。

  2. 社会貢献(Social)

    「役職員行動規範」及び「社会憲章」を遵守し、ステークホルダー毎に、以下の通り取り組みます。

    1. 投資家

      投資家利益の最大化の志向及び適時・適切な情報開示の徹底。

    2. テナント

      安全・安心な不動産の提供及びテナント満足度の向上。

    3. その他取引先

      円滑なコミュニケーション及び協力体制の構築による魅力ある商品・サービスの提供。

    4. 地域社会

      地域コミュニティの活性化及び健全な地域社会の発展。

    5. 従業員

      健康で快適な職場環境の提供。プロフェッショナルたる人材の育成を目的とした各種研修プログラムの提供。定期的な従業員満足度調査の実施及び各種制度の見直し。

  3. 企業統治(Governance)

    「企業倫理方針」を遵守し、以下の通り取り組みます。

    1. 内部統制

      • 社内外の環境変化を適時に捉えた柔軟な組織編制・適材配置の実施。組織の指示命令系統の明確化による Bad News First の徹底及び経営の健全性と効率性の確保。
      • チーフ・コンプライアンス・オフィサーを統括者とする法令遵守及び社内諸規程遵守の徹底。コンプライアンス・プログラムの運用や役職員を対象にした研修・啓蒙活動の推進。
    2. 反社会的勢力への対応

      反社チェックの徹底による反社会的勢力との取引排除。

    3. BCP(Business Continuity Plan)

      自然災害・事故・テロ・パンデミック等の各種リスクに対しては、以下の行動に努め、人命や救助を最優先とする。

      • 社員及びその家族の安全確保・安全確認、人命救助と災害復旧及び会社運営に係る重要機能の早期回復
      • 各ファンドの運用資産の被害状況の早期把握及び復旧

ESG体制

DREAMでは、ESG取組を組織的に推進するため、代表取締役社長を議長とし、社外有識者の方も委員に加えた「ESG委員会」を設置しています。ESG委員会では、当社のサステナビリティ全般の基本方針や取組や課題の検討、関連情報の共有、課題への対応のモニタリング等を行っています。

ESG委員会の設置

拡大する