ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社

私募REIT運用 -DREAMプライベートリート投資法人(DPR)

DPRは2012年7月の設立以来、商業施設及び物流施設を主な投資対象とし、
三菱商事グループの強みを発揮して安定的な運用で着実な成長を図っています。

  • DREAMプライベートリート投資法人 DPRウェブサイト

    • タイプ

      オープンエンド型、コア型

    • 投資家

      国内機関投資家(年金含む)、三菱商事

    • 投資対象

      商業施設、物流施設、賃貸住宅、オフィス等(商業施設及び物流施設の合計75%以上)

DPRの特徴

商業施設、物流施設を中核とした
ポートフォリオ構築

三菱商事グループの幅広い産業領域との接点と取引・貿易等を通じ蓄積した目利き力を活用できるアセットクラスとして、商業施設や物流施設を中核とするポートフォリオの構築を目指します。

三菱商事グループのパイプライン
を活用した継続的な成長

三菱商事グループが有する幅広い内外のネットワークによるマーケティング力・情報力・信用力や知見・経験を活かし、資産を所有している皆様に対して、有効活用や有利売却機会の提供など、様々な解決策を提供します。

長期の賃貸借契約に裏付けられた
安定的なキャッシュフロー

賃料のボラティリティが低い長期の賃貸借契約に裏付けられた安定キャッシュフローの創出に加え、三菱商事グループの実業を通じて構築したテナントリレーションや資産運用会社の運用ノウハウ活用等により中長期的な安定収益の確保を図ります。