ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社

支える企業理念や基本的な考え方

企業理念 -三綱領-

「三綱領」は、1920年の三菱四代社長岩崎小彌太の訓諭をもとに、1934年に旧三菱商事の行動指針として制定されたものです。三菱商事(MC)グループ会社であるDREAMにおいても、この三綱領は企業理念となっています。

三綱領
  1. 所期奉公(しょきほうこう)

    事業を通じ、物心ともに豊かな社会の実現を努力すると同時に、かけがえのない地球環境の維持にも貢献する。

  2. 処事光明(しょじこうめい)

    公明正大で品格のある行動を旨とし、活動の更改性、透明性を堅持する

  3. 立業貿易(りつぎょうぼうえき)

    全世界的、宇宙的視野に立脚した事業展開を図る

※2001年1月、三菱グループ各社で構成される三菱金曜会にて申し合わされた現代解釈

企業行動ポリシー

  1. 三菱商事グループ企業として、三菱商事が掲げる「三綱領」を遵守し、良き企業市民として社会の発展に貢献します。
  2. 三菱商事グループ企業に相応しい品格を保ち、広く社会に貢献するとともに、株主の皆様のために行動します。
  3. 常に諸法規、国際的な取決め及び社内規程を遵守し、全てのお客様、取引先と誠実に対応します。
  4. 人権を尊重し、差別を徹底的に排除します。また、人材育成を通じて企業活力の維持・向上を図るとともに、社員の人格・個性を尊重します。
  5. 企業活動のあらゆる面において地球環境の保全に努め、持続的な発展を目指します。
  6. 不動産ビジネスを営むプロフェッショナル集団として、魅力ある商品・サービスを提供するための努力を惜しみません。
  7. 不動産金融企業として、金融サービスの利用者の保護、利便性向上に全力で取り組みます。

役職員行動規範

DREAMの役職員は、業務遂行に当たり諸法令、国際的な取り決め及び社内諸規定を遵守するとともに、ビジネスマナーを守り、社会規範に沿った責任ある行動をとります。

  1. 人権を尊重し、差別・ハラスメントを行いません。
  2. 環境に関する条約・法令等を遵守し、地球環境に配慮した活動を行います。
  3. 取引遂行に当たっては、法令及び社内規程を遵守し、公正を旨とします。
  4. 取引に関する国際的な取決めを遵守します。
  5. 会社の情報を適切に管理することはもちろん、社外から得た情報についても適切に取り扱います。
  6. 株式等の不公正取引(インサイダー取引)は行いません。
  7. 財務・会計・ESGに関する記録・報告や開示は適時・正確に行います。
  8. 贈答・接待等は法令に違反することなく、かつ社会通念上妥当な範囲内で行います。
  9. 反社会的勢力には毅然として対応し、利益供与は一切行いません。

環境憲章

DREAMは、地球が最大のステークホルダーであると認識し、事業活動を通じて持続可能な社会の実現を目指します。

  1. 新技術や新たな仕組みを活用し、温室効果ガスの削減に取り組みます。
  2. 環境効率の重要性を認識し、資源の持続可能な利用に努めます。
  3. 生態系がもたらす様々な恩恵の重要性を認識し、生物多様性への影響を緩和するとともにその保全に貢献します。
  4. 環境負荷低減や環境保全によって生じる環境価値の創出・向上に努めます。
  5. 環境に関する企業情報を適時・適切に開示し、多様なステークホルダーとのコミュニケーション・協業を推進します。
  6. 環境諸法規を遵守するとともに、国際行動規範に則した行動を取ります。

社会憲章

DREAMは、企業活動の展開を通じ、中長期的な視点で社会課題の解決に貢献することにより、持続可能な社会の実現を目指します。

  1. 事業を通じて、地域・コミュニティの社会課題の解決に貢献し、健全で持続的な発展に寄与することを目指します。
  2. 時代の要請に応え、常に新たな課題認識をもって社会貢献活動を継続していきます。
  3. 人権を尊重する責任を果たします。また、労働における基本的権利を尊重し、適切な労働環境の重要性を認め、その確保に努めます。
  4. 腐敗・汚職に関与せず、その防止に取組みます。
  5. 社会との関わりについての企業情報を適時・適切に開示し、多様なステークホルダーとの対話と協議を積極的に推進します。
  6. 建物の安全性の重要性を認識し、事業・投資行動を通じて、その確保に努めます。