ダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社

お客様本位の業務運営に関する方針

当社は、三菱商事グループの一員として、三菱商事株式会社の企業理念である「三綱領」(所期奉公、処事光明、立業貿易)を当社の企業理念とし、お客様から安心して資産運用をお任せいただける金融商品取引業者として、お客様本位の業務運営を実現するために、「お客様本位の業務運営に関する方針」(以下「本方針」といいます。)を策定し、公表いたします。
当社のお客様は、主として不動産ファンドへの投資経験が豊富な特定投資家ですが、当社と直接契約を締結していただくお客様のみならず、最終的な損益の帰属主体となる出資者を含みます。
また、より良い業務運営を実現するため、本方針の内容及びその取組状況について定期的に検証及び見直しを実施して参ります。

Ⅰ. お客様の最善の利益の追求

当社は、不動産の投資・開発・運用の各分野で豊富な経験を備えたプロフェッショナル集団として、三菱商事グループのグローバルにあらゆる産業を網羅する情報力や高い信用力をフルに活用し、お客様の信頼に応えられる質の高い投資サービスを提供して参ります。
また、当社は、従業員の一人一人が三菱商事グループ企業に相応しい品格を保ち、職業倫理の堅持を推進できるような企業文化の定着に努め、お客様の最善の利益を追求して参ります。

Ⅱ. 利益相反の適切な管理

当社は、「利害関係者取引規程」に基づいて、取引におけるお客様との利益相反の可能性を把握し、お客様の利益を不当に害することのないよう適切に管理しています。
具体的には、「利害関係者取引規程」において利害関係者の範囲や利益相反のおそれのある取引を明確に定めています。
また、利害関係者との間で取引を行う場合は、「利害関係者取引規程」に定める所定のプロセスを経て取引をすること、特に、物件の売買等の取引については、外部専門家を含めたコンプライアンス・リスク管理委員会を開催し、当該外部専門家の賛成を必須として承認を経ることを定めています。

Ⅲ. 手数料等の明確化

当社が取り扱う有価証券又は当社が提供する業務は広範且つ多種多様であるため、お客様が当社に支払う手数料・報酬等の対価は、具体的な対象商品の種類・業務内容・契約期間等、個別具体的な事情に応じて決定されます。
そのため、当社は、名目を問わず、お客様とのお取引に際してお客様にご負担いただくこととなる手数料その他の費用の詳細を、当該手数料等がどのようなサービスの対価に関するものかを含め、お客様が理解できるよう情報提供いたします。

Ⅳ. 重要な情報の分かりやすい提供

当社は、お客様とのお取引に関連する重要な情報(金融商品等の基本的なスキーム、想定リターン、リスク、取引条件、利益相反の可能性があるときはその内容等)につきましては、お客様とのご相談時において、お客様のニーズ、資産状況、取引経験、知識にも配慮したうえで、十分にわかりやすくご説明いたします。

Ⅴ. お客様にふさわしいサービスの
提供

当社は、お客様のニーズ、資産状況、取引経験、知識にも配慮したうえで、三菱商事グループが有する不動産市場での知見・経験及び幅広い金融ノウハウを活かしながら、お客様にふさわしい金融商品・サービスの提供を行います。

Ⅵ. 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

当社は、お客様の最善の利益を追求するための行動、お客様の公正な取扱い、利益相反の適切な管理等を促進するよう、従業員に対する研修を定期的かつ継続的に実施するとともに、業績に加えてコンプライアンス等を考慮した人事評価体系を採用しております。
さらに、従業員による自己啓発を推進するため、業務に関連する各種資格の取得を目的とした自己啓発補助基準を設け、従業員の専門知識及び専門技術に関する資質向上に向けた適切な動機づけを行っています。

2018年3月22日 策定